Fire TVでYouTubeが使用できなくなる!?

Fire TV Stickにも影響がありそうです…

2018年から「Amazon Fire TV」でYouTubeアプリが使えなくなります

2017年9月にAmazon(アマゾン)のスマートスピーカー「Echo Show」からYouTubeアプリがGoogle(グーグル)により引き下げられ、のちに復活したのは記憶に新しいですが、再度Echo ShowからYouTubeアプリが引き下げられ、さらに2018年1月1日からはセットトップボックス「Fire TV」でも利用できなくなるそうなんです。

2018年1月1日から、Fire TVでYouTubeアプリが使用できなくなるみたいです…

一体なぜ、Fire TVからYouTubeアプリが使えなくなるのでしょうか?

なぜFire TVでYouTubeが使用できなくなるのか?

以下の記事ではYouTubeアプリが利用できなくなる理由が書かれています

Google、Fire TVやEcho ShowでYouTubeを視聴不可に。Amazonの対応に不満

Googleの広報担当は「Amazonとの間で、消費者がお互いの製品やサービスにアクセスできるよう合意を進めてきた。しかし、AmazonはChromecastやGoogle HomeなどのGoogle製品を扱わず、AmazonプライムビデオはGoogle Castに非対応。さらにNest製品の取り扱いも停止した」とYouTube提供停止の理由を説明。

Chromecastは日本のAmazonでは取り扱っていますけどね〜

Fire TV StickでYouTubeが観れないのはかなり痛いので、早急に解決した欲しいですね〜

まとめ

こういうAmazonとGoogleの小競り合いは、Amazon、Google、消費者のどちらも得はしません

AmazonはChromecastとGoogle Homeを取り扱い、GoogleはYouTubeアプリ制限を取り下げて問題を早急に解決してほしいですね

ChromecastとGoogle Homeより、Fire TVやEchoが優れた製品だと思うのでChromecastとGoogle Homeを取り扱っても、Fire TVやEchoの売り上げにあまり影響がないと思います